音楽だけじゃない!ウィーンの知られざる魅力とは?

美しい街並みとオペラ鑑賞で音楽の都を満喫

オーストリア、ウィーン。街中には美しい建築が立ち並び、

音楽の都と称される通り、この街は音楽で溢れています。ウィーンの中心街には開けた通りがいくつもあります。その空間はしばしば広場として利用され、アマチュアの音楽家たちが、ある時にはピアノのまたある時にはヴァイオリンの美しい音色で街ゆく人たちの耳を楽しませてくれるのです。

さて、この街に来たからには外せないのがオペラ。絢爛豪華なオペラハウス。歌手の美声とオーケストラの壮大な演奏。そしてドレスアップした観客。少し敷居が高いイメージがあるのではないでしょうか?お値段も少し気になってしまうところです。しかし、最安の席を確保すればなんと日本円にして約600円ほどで鑑賞できてしまうのです!この席ならばドレスコードも気にせずOK。これは行くしかありませんね!

歴史を感じたあとはカフェで至福の一息

ハプスブルク家ゆかりの地であるウィーンには、かつて王族が暮らしていた王宮があります。現在そこは博物館・美術館としても利用されており、一般市民や観光客も気軽に立ち入ることのできる場所となっています。あなたも王宮の中を巡りながら、かつての王家の暮らしに思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

さて、アートや歴史に触れた後はすてきなカフェでコーヒーを。実はウィーンはカフェハウス発祥の地でもあります。著名な文人や芸術家が集う、文化の拠点であったのだとか。さらに、日本でもおなじみのザッハトルテ。このケーキが誕生したのもこの街。オペラ座の横にあるカフェ、「ザッハー」では濃厚なチョコレートとあんずジャムが絶妙な、本家本元のトルテをいただくことができます。ぜひウィーンのカフェでゆったりした時間を楽しんでください。

秋になったら秩父で話題のタビマスターズを探して旅行に行こう。